米国FDAに揺れるアルトリアグループを大胆に買い増しタバコ銘柄を一本化

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アルトリアグループへの投資判断に関する話題です。

 

基本的に私は配当再投資を軸とした長期投資を実践しているため、頻繁に銘柄の入れ替えを行うことはありませんが、この度タバコ銘柄を中心にポートフォリオの構成が大きく変わるような売買を行いました。

 

もともと予定はなかったものの、今回米国FDAよりタバコ銘柄を取り巻く環境に対してネガティブな影響を与える可能性のある発表が出され、タバコ銘柄の株価が大きく動いたため、このチャンスを活かすべく売買を決断するに至ったという経緯です。

 

そこで今日は、今回のタイミングで行ったタバコ関連銘柄の具体的な売買内容、さらにはアルトリアグループに対する評価と今後の投資方針について書いてみようと思います。

 

FDAのリリースに伴うアルトリアグループの売買記録

 

先日、アメリカの米国食品医薬品局(FDA)から、タバコ銘柄にとってはネガティブに働く可能性が高い新たな規制に絡むニュースが流れ、保有株のアルトリアグループの株価が大幅に下落しました。

 

 米食品医薬品局(FDA)は28日、たばこのニコチン含有量を「中毒性のない」水準まで減らすよう義務付ける規制を提案した。通常のたばこに比べ、健康被害が小さい可能性のある電子たばこへの移行を促す大きな政策転換となる。

(ロイターニュースより抜粋)

 

現段階では詳しい計画までは分からないものの、米国のみでビジネスを行なっているアルトリアグループにとっては多かれ少なかれアゲインストな風である可能性を秘めているため無理はありません。

 

そんな中、私は利が乗っていたフィリップ・モリスを全株売却し、その資金の一部を使い、株価が大幅に下落したアルトリアグループを62ドルで約90万円分買い増すことにしました。

 

フィリップ・モリスの売却益としては、税金を差し引くと20万円強とそれほど大きな額ではありませんが、そもそも今回の取引は、売却益ではなく銘柄入れ替えが目的だったため良しとしましょう。

 

一般的には、ネガティブな要素が発生した銘柄を売り、影響のないもしくはポジティブな要素がある銘柄を買うという売買をするのが普通だと思いますが、逆に今回私は敢えて買い向かうという決断をしたということになります。

 

売買に伴うポートフォリオの変化と今後の投資方針

 

今回の売買の結果、私の米国株(アメリカ株)ポートフォリオ内のタバコ関連銘柄は、アルトリアグループに一本化されることになりました。

 

私の保有銘柄は、グローバルに展開している企業ばかりで、今後進む可能性の高いドル高が業績の下振れ要因になりやすいポートフォリオでもあるため、タバコ銘柄に関しては、為替の影響がなく、米国市場に強みを持つアルトリアグループだけで十分であろうとの判断です。

 

www.usstocks.club

 

勿論、株価的にはまだ底に到達していない可能性が高く、今後さらに下がる可能性はあるものの、仮にそうなった場合には、ポートフォリオ内構成比をある程度維持する形で買い増しを継続するつもりです。

 

FDAの動きが及ぼす業績や株主価値への影響とは

 

今回のFDAの発表は確かにネガティブなニュースではあるものの、それがアルトリアグループのビジネスに対し、実際に致命的なダメージを与えるかと言えば、必ずしもそうとは言いきれません。

 

私も喫煙しているので分かりますが、確かにニコチンが減ることで禁断症状が少なくて済み、タバコを止めやすくなることは事実でもあるため、そうなることで喫煙者自体が減って行く可能性は否めませんが、タバコの販売量への影響は限定的だと考えています。

 

なぜなら私の周りでも健康に配慮して低タール、低ニコチンのタバコに切り替えている友人がいますが、1本あたりの満足度の低下に伴い物足りなさを感じるようになり、逆に喫煙本数が増え、タバコ代が増えたというケースが実に多いためです。

 

また、これまでもそうだったように、仮に販売量が大きく減るようなことがあったとしても、株主還元を重視しているアルトリアグループであれば、自社株買い、コスト削減、さらには値上げなどを駆使することで、毎年EPSと配当金を増やしに行くでしょう。

 

さらに、現在FDAで審査中のiQOS(アイコス)などをはじめとした新商品により、この状況を味方につけられる可能性も高いほか、逆に規制の強化により対応しきれない企業が増え、結果的に参入障壁が上がり、より盤石なポジションを確立する可能性も十分に考えられます。

 

もっと言えば、米国内で圧倒的なトップシェアを誇るマルボロをはじめとしたタバコ事業から生み出される有り余るキャッシュを使い、食品企業などを傘下に迎え入れ、利益を確保することも出来そうです。

 

実際、バフェット銘柄として有名なクラフトフーズなど食品企業を保有していた実績もありますし、買収まではしていないものの、現在ビール世界シェアトップのアンハイザー・ブッシュ・インベブの発行株式の10.2%を保有する大株主でもあります。

 

www.usstocks.club

 

最後に

 

ジェレミー・シーゲル氏『株式投資の未来』にも書かれているように、今後もEPSや配当金を増やして行く可能性が高いにも関わらず、市場の評価が下がる状況こそが、過去約50年間で飛び抜けたリターンを叩き出したシーゲル銘柄の形です。

 

www.usstocks.club

 

最終的に、今回の買い向かうという私の決断が吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、47年連続増配という実績が証明している通り、アルトリアグループなら環境の変化にも柔軟に対応することで我々株主の期待に応えてくれるのではないでしょうか?

 

この状況で初めて投資するのには若干勇気が必要かもしれませんが、まだ投資していない方は、この機会にこの銘柄への投資可否に関して検討されることを是非おすすめします。

 

www.usstocks.club