米国株投資家コタの退屈な毎日

アメリカの連続増配ディフェンシブ株への配当再投資を軸とした長期投資を行うサラリーマンのブログ

初心者に贈る米国株(アメリカ株)投資のメリットとデメリット

今日は、今後本格的に米国株(アメリカ株)投資に軸足を移すことを検討している初心者の方向けに、改めてそのメリットとデメリット、さらにはそれらを踏まえた上で感じている魅力について、自分なりに書いてみようと思います。

 

米国株(アメリカ株)投資のデメリット

 

①為替手数料が発生する

 

初心者の方でもFXをされている方はご存知かと思いますが、日本円で米国株を購入する場合には購入手数料の他に、米ドルへ換金する際のスプレッドと呼ばれる為替手数料が発生します。

 

株式の購入手数料の他に発生するコストでもあるので、安くできるのであればできるだけ安く抑えられるに越したことはありません。


例えば、ひと手間かかりますが、FX口座を利用して外貨購入をすると安く抑えることができるので、検討してみてはいかがでしょうか?

 

例えば住信SBIネット銀行の場合、FXを利用しない場合でも他社よりかなり安いですが、FXを利用すればさらに安く米ドルを購入することができます。

 

私はFX口座を開設していないため現時点では利用できていませんが、準備ができ次第試してみたいと考えています。

 

②外国税との二重課税が発生する

 

米国株投資に二の足を踏んでいる初心者の方が悩ましく思っている部分かもしれませんが、米国株の場合、配当金などに対して外国税としての現地での課税と日本での課税、つまり二重課税が発生します。具体的には、10%の税金が余分にかかることになります。

 

確定申告をすれば外国税の大半は取り戻すことが出来ますが、いずれにしても確定申告を毎年必ずしなければならないですし、所得によっては全額を取り戻せないこともあるため、具体的には一番のデメリットだと言えましょう。

 

③個別企業の情報が質量共に不足気味

 

おそらく米国株初心者が最も不安を感じるデメリットとしては、アメリカ企業に関する十分な量の情報をリアルタイムに入手することが難しい、という点が挙げられるのではないでしょうか?

 

グーグルクロームの翻訳機能を使えば、かなり情報収集力を強化することができるので是非活用いただくことをお薦めしますが、それでもやはり国内に居住している訳ではないのでスピード的にも質的にも限界は存在します。

 

www.usstocks.club

 

また、日本語で書かれた有効な情報ソースは内容がかなり限定されているので期待しない方が良いでしょう。

 

④税金が日本円でしか払えない

 

あくまで個人的な話ですが、基本的に私は証券口座に日本円をプールしておらず、証券口座内に現金があるとすれば、配当金などの米ドルのみです。

 

そういう状況で利が乗っている米国株を売却すると、売却益に伴う税金が払えなくなり、まるで追証督促のような連絡が証券会社から来てしまいます。

 

つまり、売却したのは米国株式ですが、日本の税金は証券口座内の日本円で払わなければならないので、証券口座に日本円のプールがないと払えなくなるというカラクリです。

 

かと言って、常時まとまった額の日本円を証券口座内に置いておくのも管理の都合上気が進まないので、利が乗った銘柄を売却する際は、事前に予測した額を日本円で証券口座に入金するという、面倒な一手間が発生してしまっています。

 

米国株(アメリカ株)投資のメリット

 

①投資先の選択肢が格段に広がる

 

日本株に加え、米国株という選択肢が増えることで、世界有数の優良企業に投資できるチャンスが増えるというのは明らかなメリットでしょう。

 

勿論、選択肢が増える分、取捨選択する能力がより一層求められるため、もしかするとメリットを享受できる人は限られているのかもしれません。

 

ただ、選択肢を有効に活かすことができるか否かは別として、可能性は狭いより広いに越したことはありません。

 

②旺盛な株主還元による株主利益が期待できる

 

やはり株式投資の目的はリターンだと思いますが、特に米国株は配当金をはじめとした株主還元に積極的な企業が多いので、株主リターンという意味ではかなり魅力的です。

 

www.usstocks.club

 

私が投資している米国株にも、50年以上毎年増配を続けている企業がいくつか含まれていますが、日本にはここまで長く増配を続けている企業は存在しません。

 

www.usstocks.club

 

参考までに、50年以上連続して増配している12銘柄を、米国会社四季報(2017春夏号)から抜粋してご紹介します。

 

  • ドーバー 61年
  • プロクター&ギャンブル 60年
  • パーカー・ハニフィン 60年
  • エマソン・エレクトリック 60年
  • ジェニュイン・パーツ 60年
  • スリーエム 59年
  • シンシナティ・ファイナンシャル 56年
  • ロウズ・カンパニーズ 55年
  • コカ・コーラ 54年
  • コルゲート・パルモリーブ 54年
  • ジョンソン&ジョンソン 54年
  • ホーメル・フーズ 50年

 

株式投資におけるリターンの大部分は、配当再投資が作り出すと言われていますから、その意味では株主還元に積極的な連続増配実績のある銘柄に投資する価値は高いのではないでしょうか?

 

www.usstocks.club

  

www.usstocks.club

 

③情報が少ないため無駄に売買したくならない

 

一般的に初心者の方にとってはデメリットになるであろうポイントですが、実は私にとっては、これが一番のメリットなのかもしれません。

 

なぜなら、情報が不足していて売買の判断がしづらいため、安易且つ無駄に売買したくならないことが、結果的に良い結果につながる可能性が高いと考えているからです。

 

株価が多少動いたとしても今ひとつ理由が特定できませんし、調べるソースも見当たらないという状況が続くと、理由を突き止めようという気も薄れて来ますし、そうなるとそもそも株価の上下に興味も薄れて来てしまいます。

 

株式投資では致命的な状況のように思うかもしれませんが、優良銘柄に投資し、配当再投資で増やす私のような長期投資家にとっては、これぐらいのスタンスがベスト且つ不可欠だと思います。

 

④取引時間の関係上仕事に集中できる

 

私は普通のサラリーマンなので、勿論昼間は仕事をしています。

 

日本株のように取引時間が昼間だと、ポジティブでもネガティブでも株価に影響を与える大きなイベントがある時などは、どうしても気になって仕事に集中できなくなってしまいます。

 

私の場合は、仕事に集中して頑張ることで成果を上げ、サラリーを少しでも多くもらわなければならない立場なので、原則夜間しか取引できない点はとても有難く感じています。

 

最後に

 

以上それなりにデメリットもありますが、個人的にはそれを上回るメリットを感じてます。

 

リターンが高いという本来のメリットも勿論重要ですが、長く続けていく上では無理があっては継続すること自体が危ぶまれてしまうので、その意味でも米国株(アメリカ株)投資は私の性格やライフスタイルの面でも合っているように思います。

 

初心者の方にも自信を持っておすすめしますので、勇気をもって米国株(アメリカ株)の世界に一歩足を踏み出してみてはいかがでしょうか?