複利効果を最大限味方につける!孫まで引き継ぐ超長期投資の形

スポンサーリンク

スポンサーリンク

株式投資の最大の武器でもある、『複利効果』を最大限活用する超長期投資の形についての話題です。

 

私は米国株(アメリカ株)への長期投資を基本スタンスとしていますが、長期と言っても具体的な期間は人それぞれ違います。一般的には、3年以上もしくは5年以上から長期に分類されるとも言われていますが、皆さんの認識はいかがでしょうか?

 

そこで今日は、改めて私が長期投資を志す理由、さらには私なりの長期投資の定義についてご紹介してみようと思いますので、これまで深く考えたことがない方は、是非長期投資というものについて考える一つのきっかけにしていただければと思います。

 

『複利効果』という最大の武器の活用

 

そもそも私が長期投資を志す理由は、実力以上に資産を大きく成長させられる可能性が高まる点にあります。とりわけ、素人投資家にとって資産運用を成功させられるか否かは、この『複利効果』をいかに味方につけられるか否かだと言えましょう。

 

『複利効果』とは、収益が収益を生む効果のことを言い、つまり資産運用で得た収益分を元本に加え、その合算した資産を再び運用することにより、さらに収益が収益を生んで膨らんでいく、いわゆる雪だるま効果のことを意味します。

 

そしてその『複利効果』の力をより一層活かす方法は、当然ながら出来る限り雪だるまを転がす時間、つまりは運用期間を長く取るということに尽き、投資期間を長く取れば取るほどその力は途方もなく増大して行くことになります。

 

チャールズ・エリス氏に学ぶ超長期投資の考え方

 

『複利効果』を高めるためには、運用期間を長く取る必要があることぐらいは理解していたものの、資産運用を始めた当初、私は無意識のうちに定年となる60歳を資産運用のゴールとして考えていました。特に誰かにアドバイスされた訳ではなく、本当に何となくです。

 

つまり、定年まであと何年あるから何にどれ位投資するべきか?であったり、何を何年間利回り何%で運用したら『複利効果』でいくらぐらいに増えそうか?など、あくまで60歳までの残存期間を前提として、投資商品や配分などを考えていたということです。

 

しかしそんな時、たまたま書店で手に取ったチャールズ・エリス氏の『敗者のゲーム』という本を読み、投資期間について、狭い範囲の型にはまった考え方をしていることに初めて気付かされました。冷静に考えると当たり前のことではありますが、出口について深く考えていなかった当時の私には目から鱗でした。

 

 

至極当たり前のことですが、定年だからといって60歳で全ての資産を売却して現金化する必要はなく、私が死ぬまで、さらに私が死んでも息子に相続することでさらに長く、さらに続けようと思えば孫の代まで、というようにかなり長い超長期運用が可能です。

 

例えば仮に、私が平均寿命まで生きられるとしたらあと30数年ありますし、孫までで終わったとしても、ざっくり90年ぐらいは運用し続けられることになるため、『複利効果』を活かすことで、年利5%で増やせる資産であれば100万円の資産が約8000万円に、7%で運用出来れば普通では到達不可能な4億4000万円にまで増やすことができるということです。

 

『複利効果』を最大限活かす超長期投資のすすめ

 

以上のような訳で、現時点の私の長期の定義は『複利効果』を最大限活かすべく、必要に迫られない限り無期限で考えており、今のところ気は進みませんが馬鹿息子に引き継ぐつもりで運用し続けようと考えています。もちろんその後息子が孫に引き継ぐかどうかは分かりません。

 

ただ、仮に息子の代までで運用を終えたとしても、運用期間は軽く60年以上は確保することができるため、息子が定年する頃にはおそらく億万長者の仲間入りを果たしているに違いありません。しかも、息子が特別な追加投資をしなかったとしても、保有株式からの配当を再投資するだけで十分可能です。

 

私のように、投資期間について限定的な発想を持っていた方は、改めて『複利効果』を最大限活かした長期投資について検討されてみてはいかがでしょうか?