米国株投資家コタの退屈な毎日

アメリカの連続増配ディフェンシブ株への配当再投資を軸とした長期投資を行うサラリーマンのブログ

複利効果の活用が肝!株式投資のリターンを飛躍的に上げる時間の力

連続増配を続ける米国株投資を本格的に始めて以降特にですが、つくづく悔やんでしまうことがあります。

 

それは、「どうして私はあと20年早く、つまり20代の頃に株式投資を始めなかったんだろうか?仮にあと20年早く始めていれば、もっと今楽が出来たのに!」という後悔です。

 

言い訳する訳ではありませんが、そもそも私は、大学卒業後就職してすぐに結婚したため、社会人人生の初っ端から家計を支えるだけで精一杯の生活が始まってしまい、とても余分なことを考えられる状態にありませんでした。

 

そして、ようやく結婚生活が軌道に乗り、毎月少しお金にゆとりが出てきた頃、今度は間髪入れずにマンションを購入してしまったため、余剰資金が出来れば繰り上げ返済をするというサイクル一色の生活になってしまい、歳を重ねすぎてしまったという経緯です。

 

ただ、今になって考えてみると、当時の私にはそもそも株式投資という発想自体なく、マイホームを購入してなかったとしても、外車に乗りたいとか、洋服が欲しいとか、高級腕時計が欲しいとか、見栄を張りたいだけの物欲の塊だったので、仮に金銭的なゆとりがあったとしても、おそらく株式投資には目が行かなかったでしょう。

 

そう考えると結局のところ、もともと私はプレシニアの歳にならないと株式投資を始められない運命だったのかもしれません。

 

それに対して、普段から参考にさせていただいている米国株を中心としたブログを運営している投資家の皆さんは素晴らしいの一言に尽きます。

 

皆さん若い方ばかりで、プロフィールを見る度にいつも驚かされます。感覚的には、ほとんどの方が20代又は30代で、私のような40代以上の方は数えるほどしかいないのではないでしょうか?

 

勿論、ブログを運営出来ている方々なので、ITリテラシーの関係上若い方々が集まっているだけで、米国株投資家全体から見たら比率的にはそれほどではないのかもしれませんが、それでも物欲に走りやすい若い頃から堅実に米国株に投資している人が存在するということだけでも、私にとっては驚きです。

 

 

言い古されていますが、主に株式投資の世界では、投資行動に伴うコストも重要ですが、資産運用における強力な武器である複利効果を存分に活用するという意味で、「時間」というものが非常に重要になってきます。

 

その意味では、若い方々は単に若いというそれだけで、私のようなプレシニアに比べてかなり強力なアドバンテージを持っていると言えましょう。

 

例えば、投資元本300万円で、年率リターン6.5%の米国株に投資した場合の複利シミュレーションを、投資期間だけを変えて実施してみると以下のようになります。

 

投資期間15年の場合

f:id:kootarochin:20170823212655g:plain

 

投資期間35年の場合

f:id:kootarochin:20170823212905g:plain

 

投資期間が20年違うだけ、つまりただただ時間的に長く株式投資をしているだけで、それ以外やっていることが変わらなくても、両者の間に約2,000万円もの差が生まれてしまう、これが時間(複利)の力です。

 

www.usstocks.club

 

残念ながら、プレシニアになってしまった私には時間という武器がないので、出来る限りリスクを抑えつつ儲かる確率の高い方法を選び、残された時間で最小のリスク且つ最大のパフォーマンスを出せるよう努力と工夫をするしかありません。

 

ある意味それを実現しようと模索した結果が、現在私が実践している高配当且つ連続増配が期待出来る米国ディフェンシブ銘柄への投資だと言えます。

 

www.usstocks.club

 

もしもこのブログをご覧になっている方で、興味はありながらもまだ株式投資を始めていない方がいる場合は、早めに一度真剣に考えてみることをお勧めします。前段でも言いましたが、株式投資では時間=リターンです。

 

是非、私のような後悔をすることのないよう十分ご注意ください。