オーガニック検索からの流入を増やす!アクセスを獲得する米国株ブログを作る秘訣

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オーガニック検索(自然検索)経由のアクセスを獲得できるブログ記事の作成方法についての話題です。

 

ブログを運営している米国株投資家の皆さんは、普段どれくらいアクセス数を気にして記事を作成していますか?私が見る限り、大半の方が米国株関連の情報発信に加え、グーグルアドセンスをはじめとした広告を展開しているかと思いますが、広告収入を増やすためには、当然ながらアクセス数を増やす必要があります。

 

www.usstocks.club

 

しかし、アクセスが多ければ何でも良いかと言うとそうでもなく、中でも一般的に重要だと言われているのは、オーガニック検索を通じたアクセス数です。なぜかと言うと、検索で上位表示される記事があれば、毎日新しい記事をアップしなくても、安定的に一定数以上のアクセス数を確保出来るようになるからです。

 

そこで、今日はオーガニック検索で上位に表示される記事を作る秘訣について書いてみたいと思います。拘り出すと、専門的な事も含めて難しくキリがないので、私のようなITリテラシーが低い素人レベルでも比較的簡単に理解でき、やろうと思えばすぐに実行出来そうなものに絞ってご紹介してみます。

 

オーガニック検索とは

 

オーガニック検索とは、グーグルでもヤフーでも良いですが、何かについて調べる際に検索ボックスにキーワードを入力して行われる検索のことを言います。

 

オーガニック検索でアクセスを集めるためにはどうすれば良いかと言うと、検索結果としてより上位に表示されるようにすれば良いということになりますが、ネット上に星の数ほどあるニュースやブログ記事を差し置いて上位に表示させること自体、そう簡単なことではありません。

 

ただ、グーグルやヤフーの場合、どのコンテンツを上位に表示するかはグーグルのアルゴリズム、つまり機械が決めており、機械であるが故に判断には法則やルールが存在するため、それらを満たす記事を作成することができれば、上位に表示させられる可能性を高めることができます。

 

それでは一般的に解明されている具体的な秘訣について、主だったものを順に見ていきましょう。

 

秘訣①一貫したテーマの記事でブログを構成する

 

一般的に分散したテーマの記事が集まったブログよりも、一貫したテーマの記事が集まったブログの方が検索上位に上がりやすいと言われます。つまり、株式投資関連の記事で上位を狙うのであれば、全体としても、一貫して株式投資に関連するテーマで記事を構成する必要があるということです。

 

いわゆるドメインパワーと呼ばれているもので、グーグルのアルゴリズムが、同じテーマの記事であっても、一貫した記事でまとめられたサイトに属する記事の方が、質の高い記事を書いているに違いないと判断するという理屈です。

 

一貫したテーマで内容のある記事を書き続けることは簡単ではないので、思わず関係のないテーマで書いてしまいがちではないでしょうか?検索順位を気にして運営していなければ気にする必要はありませんが、上位表示を目指すのであればできる限り一貫したテーマで書くように意識してみましょう。

 

秘訣②最低でも1000文字以上の文字数を確保する

 

文字数が関係するしない、または何文字以上が必要か?という点についてはいろいろな説がありますが、一般的には一つの記事当たり最低でも1000文字以上、出来れば2000文字以上必要だと言われています。

 

結局、もちろん文字数だけあれば良いかと言えばそうではないものの、アルゴリズムが質の高い記事かどうかを機械的に判断しようと思うと、分かりやすい代表的な要素が文字数と滞在時間で、極端に少ない文字数の記事や、滞在時間が短いページは質が低いコンテンツだと判断し易いという理屈です。

 

ブログを始めてみると分かりますが、日頃のネタ探しはとても大変で、ネタが見つかったとしても、2000文字以上のまともな文章にしようと思うと簡単なことではないので、そう頻繁にはアップできなくなるかと思います。

 

ただ、文字数が2000文字以上で書いたとしても、他の記事のコピペではダメです。グーグルは、インターネット上のほぼ全てのコンテンツを掌握しているので、バレてペナルティーを受けるのがオチでしょう。また、オリジナルだからと言って内容がいい加減だと、読者が途中で出て行ってしまい滞在時間が伸びません。

 

したがって、新規記事の更新頻度を落としてでも、検索者の疑問を解決すべくしっかりとした構成や文字数で書くことが、最終的には良い結果につながります。ちなみに、私も一応基本的に文字数は2000文字以上、できれば3000文字を意識して書くようにしています。

 

秘訣③外部リンクの数を増やす

 

上記で、検索者にとって有用な記事またはブログであることを表す目安の一つとして文字数や滞在時間を挙げましたが、もう一つそれ以上に重要視されているのが被リンク(外部リンク)の数です。

 

具体的には、第三者の記事にリンクを引用されたり、SNSでリンクを配信もしくはリツイートされたり、ブログ自体が第三者からお気に入り登録されたりすることなどがそれに当たります。同じサイトからのリンクがいくら多くてもあまり評価されず、いろいろな異なるサイトからリンクを貼られていることが大切です。

 

要するに、リンクを貼ってくれるサイトが多いということは、それだけ読む価値の高い有用な記事である可能性が高いと判断されるという理屈です。ちなみに私もツイッターなどSNSのアカウントも持っており、新たにアップした記事は基本的にすべてツイートしていますが、それも被リンクの一つにはなるので、拡散効果だけでなく被リンク対策にも有効だと言えます。

 

秘訣④沢山検索されるキーワードを用いて記事を書く

 

索サイトの価値は、検索されたキーワードにより関係性が高いコンテンツが優先的に上位に表示出来るか否かで決まります。その検索ワードとの関連性の高さを判定する基準が、検索されたキーワード自体がブログタイトルや記事の中にどれぐらい使われているか?というものです。

 

つまり、検索されたキーワードがブログタイトルや記事タイトル、さらには中に頻繁に出てくる記事は、関係が深く参考になるものだと判断し易いという理屈です。米国株というキーワードにヒットさせようと思えば、米国株という言葉が含まれた内容の記事を作成する必要があるということです。考えてみれば当たり前の理屈だと言えましょう。

 

あくまで目安ですが、私の場合は文字数1000字に対してメインキーワードが5回、サブキーワードが3回ほど自然に登場するように作成するよう心掛けています。中でも、記事タイトルが一番重要だと言われているので、まずは本文への配置を考える前に、キーワードを入れ込んだタイトルを入念に考えましょう。

 

ただ、どんなキーワードでも良い訳ではありません。せっかくキーワードを入れ込んだとしても、実際に検索する人が少なければアクセス数は増えません。したがって、キーワードを決める際は、できる限り検索ボリュームが多いものを選ぶ必要があります。

 

キーワードの検索ボリュームを無料で調べる方法の一つに、グーグルトレンドというサイトがあります。残念ながら、キーワード毎の具体的な件数までは分かりませんが、相対的なボリューム比較とその増減の傾向に関しては時系列で把握することができますので、是非ご参考下さい。

 

f:id:kootarochin:20170826183552g:plain

f:id:kootarochin:20170826183605g:plain

 

秘訣⑤独自ドメインを用いてブログを運営する 

 

私自身最近ブログを立ち上げましたが、単にアドセンスの審査が通らないという理由のほかに、これから書くメリットもあるため、無料ブログを諦め独自ドメイン( usstocks.club )を設定しました。

 

グーグルでは、1キーワードあたりの検索結果のページ内に表示するコンテンツについては、ドメインあたり原則3つまでというルールを採用しています。無料ブログの場合はドメインは全員が共通のため、キーワード毎に表示されるブログは、同じ無料ブログの中でも優良だと見なされた上位3つ以下に限定されてしまいます。

 

例えば、“ バフェット 米国株 ”というキーワードで検索してみると、以下のような結果が表示されます。要するに、ライブドア無料ブログを使うバフェット太郎氏のサイトが、1ページ目のトップに表示されてしまっているので、このキーワードに関してライブドア無料ブログで表示される可能性があるのは、残り2つに限定されてしまうということです。

 

f:id:kootarochin:20170826200522g:plain

 

つまり、唯一無二の存在である独自ドメインでブログ及び記事を作成すれば、そのような無用な制約を受けなくて済むという利点があるため、より検索順位としても上位を狙いやすくなると言えましょう。

 

秘訣⑥外部へ飛ぶリンクを控える

 

いろいろなブログを拝見していると、ランキングサイトに参加して、各記事の最後にバナーを貼っている方が多いような気がしますがいかがでしょうか?確かにランキングサイトに登録すると、そこからの流入もそこそこ見込むことができますし、ランキングが高くなればなったでモチベーションアップにつながります。

 

ただ一方で、先ほどのようにブログ内での滞在時間も重要な要素で、中で回遊せずにランキングバナーを通じて出て行ってしまうのは、結果的に評価を下げることにつながるという説を唱える方も存在しています。また何より、ランキングサイトへの誘導が、グーグルの品質基準に具体的に抵触するとの説も存在するため、どちらかと言うとこっちの方が深刻です。

 

www.usstocks.club

 

私も以前ランキングサイトのバナーを貼っていた時期がありますが、上記のような悪影響やリスクを避けるため、今のブログではランキングバナーを中止するほか、その他の外部へ飛ぶリンクなどもできる限り設置しないようにしています。

 

まとめ

 

いろいろとテクニック的なことを書き連ねてみましたが、やはり何よりも大切なことは、おもしろ可笑しい内容というより、検索する人のニーズを想定した上で、その検索者の疑問をできる限り高いレベルで解決してあげられるような内容の記事を書くことだと言えます。ご自身が検索する時のことをイメージしていただければ、分かりやすいかと思います。

 

例えば、米国株ブログに関して言えば、「配当金が入金されました」とか「●●を購入しました、又は売却しました」という記事では、一時的なアクセスはあっても継続的に検索上位に表示される記事にはなり得ないでしょう。

 

もし仮に、これまであまり意識せずに記事を作成し、アクセス数に課題を感じている方は、自分の書きたいことではなく、検索者の疑問を解決するような記事作成を意識した上で、今日ご紹介したような各種ルールに関してもできる限り加味されてみてはいかがでしょうか?

 

www.usstocks.club