米国株投資家コタの退屈な毎日

アメリカの連続増配ディフェンシブ株への配当再投資を軸とした長期投資を行うサラリーマンのブログ

NISAは長期投資家にとって必要か!非課税メリットが受けられなければデメリットしかない

先日NISAの継続利用の条件としてマイナンバーの申告を求められていましたが、最終的に申告せず、NISAの利用をこのタイミングで中止する決断をしました。

 

なぜ敢えて自分から中止するのか疑問を抱かれる方もいるかもしれませんが、このまま持っていても今後も使わないことが分かっている他、マイナンバーを申告することにも若干抵抗があるため、無理に継続する必要はなかろうというのが大まかな理由です。

 

そこで今日は、2014年に鳴り物入りで導入されたNISA(少額投資非課税制度)について簡単におさらいした上で、私が利用しない理由について書いてみようと思います。

 

NISAとは

 

NISAとは、購入した上場する株式や投資信託などで得られる配当金や売買益に対して発生する税金が非課税になる制度のことを指します。

 

あまり知られていませんが、NISAの名称は「N」は日本(NIPPON)の頭文字、「ISA(アイサ)」はIndividual Savings Accountの略称のようです。なぜ「JAPAN」じゃなくて「NIPPON」なのか非常に興味深いですが、本題ではないので深掘りするのは止めておきます。

 

さて、知らない方もいるかもしれないので、改めて一般的に言われているNISAの主なメリットとデメリットを簡単におさらいしてみましょう。

 
メリット》
 
①配当金や売買益にかかる20.315%の税金が非課税
 
②非課税のため面倒な確定申告も不要
 
《デメリット》
 
①非課税期間は原則5年間、ロールオーバーした場合でも最高10年間で終了
 
②投資可能額が年間で120万円と少額
 
③特定口座とNISA口座間での損益通算が不可能

 

NISA口座の利用実績

 
一説には、NISA口座全体の約半数が使われていないとも言われていますが、皆さんはNISAをどの程度活用されてますか?

 

ブログを拝見していると、ETFや投資信託をNISA口座で積み立てたりしている方が比較的多いような気がしますがいかがでしょうか?

 

ちなみに私は、2014年の導入早々のタイミングでキャッシュバックキャンペーンに乗せられて口座を作りましたが、実は3年も経過した今でもNISA口座で保有する証券はありませんし、これまで一度も使ったことがありません。

 

NISA口座を利用しない理由

 
私が使わなかった最も大きな理由は、上記デメリットで挙げたように非課税期間が最大でも10年間と短く、とにかく私の投資スタイルとの相性が良くないためです。
 
最近では、スイングとかデイトレードなどの短期スタンスの投資が主流なので、10年しかという表現に違和感を感じる方も多いのかもしれませんが、長期投資家の私とっては “しか” という表現になってしまいます。

 

そもそも私は、長期にわたり米国の高配当ディフェンシブ銘柄を保有し続け、配当金を再投資しながら保有資産の増大を図るスタイルであるため、10年という短い期間で、しかもキャピタルゲインがなければメリットが半減してしまうこの仕組みとは相性が良くありません。

 

11年目以降も特定口座に移し保有を続けることはできますが、その場合、特定口座に移管される時点で課税対象になってしまうため、キャピタルゲイン分の非課税メリットの権利を放棄することになってしまいます。

 

また、10年というスパンになると、仮にリーマンショックのような大暴落があった場合には非課税期間内に株価が回復するかどうか微妙ですし、そもそもが儲けに対する税金が免除される制度である以上、損失を出してしまってはメリットを享受することができません。

 

さらに、NISA口座で被ってしまった損失は、当然ながら特定口座で出た売却益や配当金との間で損益通算ができないので、取り返す術もなく損失にしかならないというおまけ付きです。

 

非課税メリットを最大限享受するには、最大でも10年以内に利益が出る形で売却する必要があるため、最初から10年以内という短期間で勝負できそうな銘柄選びや入り方をしなければなりませんが、わざわざNISAのためにそのような慣れないスタイルの投資をしても上手く行くとはないでしょう。

 

ついでに言うと、終了期限の異なる10パターン又は5パターンの株式、ETFや投資信託それぞれについて、先々アレコレ気にしなければならなくなるという点も、面倒臭がりやの私にとっては苦痛の種でもあります。

 

いろいろと書きましたが、とにかく私のような長期投資家にとっては非課税メリットが受けられない可能性が高いことが利用していない理由だと言えましょう。

 

最後に

 

以上、私の投資スタイルと合致しないという点を利用しない理由として挙げましたが、正直言うとそれよりもむしろ、非課税期間にしても年間120万円という限度額にしても、そもそも制度設計自体に対して中途半端な印象をおぼえます。

 

また、来年からは新たに積立NISAが始まりますが、非課税期間は20年間に伸びたものの非課税限度額は年間40万円と少ないなど、ターゲットが違うのでしょうが、やはり私にとっては中途半端と言わざるを得ません。

 

同じ非課税をメリットとする制度ということであれば、企業型やiDeCoなどの確定拠出年金の方がはるかに利用価値が高くメリットを感じますが、皆さんのお考えはいかがでしょうか?

 

www.usstocks.club

 

現在まだ利用しておらず、今後利用することを検討されている方は、使わなければ損ということではなく、改めてこの機会に、ご自身の投資スタイルを考慮した場合にメリットを享受できるか否かについて、ご確認いただくことを是非おすすめします。