米国株投資家コタの退屈な毎日

アメリカの連続増配ディフェンシブ株への配当再投資を軸とした長期投資を行うサラリーマンのブログ

ゼネラル・ミルズに対する評価と投資方針!業績低迷にも関わらず投資を継続

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ここ数か月間、私の保有する米国株ゼネラル・ミルズの株価の下落が止まらず、日を追う毎に買い増し欲をくすぐられる株価水準になってきています。

 

今日は、そんなゼネラル・ミルズに対する投資方針について参考までに書いてみようと思います。

 

ゼネラル・ミルズの株価が低迷している主な要因

 

先日第1四半期決算を発表しましたが、売上だけでなく利益に関しても予想を下回る良くない結果だったことから、若干持ち直しつつあった株価が再度一気に落ち込みました。

 

株価不調はゼネラル・ミルズだけではありません。以下のチャートは、食品株の代表格でもあるバフェット銘柄のクラフト・ハインツ、シリアル大手のケロッグも含めた主要食品3銘柄の直近6か月間の株価の動きです。

 

f:id:kootarochin:20170923160204g:plain

 

直近はゼネラル・ミルズの決算に引っ張られての動きだと推測しますが、それがなくともほぼ同じような下落トレンドを描いています。

 

要因としては、アマゾンの脅威に始まり、それに対抗してターゲットなど既存の小売り大手も値下げを断行していることから、今後マージンが削られ加工食品企業の業績にネガティブな影響が出ることを懸念しての動きではないかと思われます。

 

アマゾンの影響が今後どこまで広がりを見せるのかは分からないので、しばらくの間は注視する必要がありますが、上記の食品株全体の動きを見ると、今のところ思惑売りが先行している状態だと言えましょう。

 

ポートフォリオ内でのシェア低下に伴う追加投資

 

上記の株価チャートを見れば、おそらく誰もが購入を躊躇したり売却したくなるかと思いますが、そんな最中も私は定期的に買い増しを続け、先月に続き今月の購入分としても昨日20株買い増すことにしました。

 

www.usstocks.club

 

念のために言っておくと、株価が下げ止まらないことで壊れてしまった訳ではありませんのでご安心ください。

 

基本的に私は、生活必需品銘柄を中心とした米国株10銘柄のポートフォリオを組んでおり、各銘柄毎に設定した構成比の目標を下回る銘柄を毎月約10万円程度買い増すことにしていますが、ゼネラル・ミルズについては構成比が下がり続けたため追加購入を続けていたという経緯です。

 

www.usstocks.club

 

投資額を基準とした買い過ぎリスクのコントロール

 

本来なら目標に到達するまで引き続き購入し続けるところですが、ゼネラル・ミルズに関しては今回をもって一旦買い増しを中止しようと思っています。

 

なぜかと言うと、ポートフォリオの構成比をみる際に時価評価額だけでなく投資金額の構成比も確認していますが、追加投資を続けてきたことで投資金額が嵩んできており、個人的に設定している目先の上限に達してしまったためです。

 
基本的には日本円ベースの時価評価額構成比で売買の判断をする形にしていますが、投資額も併せて考慮することでリスクを取り過ぎることがないようにするための牽制ルールです。

 

今回の決算におけるポジティブな要素

 

さて、今回の決算は、売上も利益も予想に対する結果という意味では良くありませんでしたが、詳しく確認してみると実は良い兆しも見え始めています。

 

ゼネラル・ミルズは、売上の65%を北米市場で稼ぎ出しているため、この市場での成否が業績全体を大きく左右しますが、その最重要エリアの北米で回復の兆しが見えつつあります。

 

f:id:kootarochin:20170923170349g:plain

 

また、自社株買いも順調に進めており、本四半期においても普通株式1090万株を合計6億ドルで買い戻しているので、これに関しても今後のEPS向上に貢献してくれるでしょう。

 

www.usstocks.club

 

株価に関しては、次回以降の決算で具体的に業績回復が確認できるまで持ち直すことはないかと思いますが、その間は私の買い増しも一旦小休止し、業績と株価の本格的な反転が見えた段階で再度買い増し対象に復活させようと思います。

 

最後に

 

何となく株価が冴えないイメージが染みついてしまっているゼネラル・ミルズですが、実はリーマンショック前まで遡り、過去10年の長期スパンで見てみるとそれほど捨てたものではありません。

 

下記は、シーゲル銘柄トップ20位にランクインしている私の保有株5銘柄に関する過去10年間の株価比較チャートですが、アルトリア・グループには敵わないものの、コカ・コーラ、プロクター&ギャンブルやファイザーを差しおき2番目に高い上昇率を確認することができます。

 

f:id:kootarochin:20170924095338g:plain

 

www.usstocks.club

 

何れにしても、現状株価が下がり続けていたとしても中長期的には業績回復が期待できるほか、分散の観点でポートフォリオの一部に加える意味は大きいと考えられるためゼネラル・ミルズは買いだと考えていますが、少し買い過ぎてしまったので一旦買い増しを自粛しようと思います。

 

www.usstocks.club

 

それではゼネラル・ミルズの好調ブランド、ハーゲンダッツと共に、良い週末を。