米国株投資家コタの退屈な毎日

アメリカの連続増配ディフェンシブ株への配当再投資を軸とした長期投資を行うサラリーマンのブログ

米国株ブログが生み出す収益観点での意外なメリット

先々月の中頃、四苦八苦しながら独自ドメインでこの米国株ブログを立ち上げてからもうすぐ2か月が経過しようとしていますが、累計およそ13,000ページビューと、拙い文章にも関わらず多くの皆様に読んでいただけました。

 

そもそも私がこのブログを立ち上げたのは、米国株の魅力や素人ながらも失敗から得た教訓など、これから米国株への投資を始めようとしている方の役に立つ情報やネタを発信したいと思ったからに他なりません。

 

しかしながら私はそれほど清廉潔白ではないため、勿論それだけではなく、それと同じかそれ以上に重視している目的、つまりこの米国株ブログ運営を通じた収入アップという野望を併せ持っています。

 

確固たる信念と崇高な目的を持ってブログを運営している方からすれば、私のような中途半端に稼ぐことを目的としているブロガーをあまり好ましく思わないかもしれませんが、事実ですから仕方ありません。

 

さて、稼ぐ手段という意味ではブログ以外にもいろいろな方法がありますが、そもそもブログ運営には、直接間接問わずどのような収益的なメリットがあるのでしょうか?

 

おそらく大半の方は、グーグルアドセンスやアフィリエイトなどの広告収入を思い浮かべるのではないかと思いますが、果たしてそれだけでしょうか?

 

そこで今日は、私が感じている株式投資関連のブログ運営に伴う収益的なメリットをいくつかご紹介したいと思いますので、これから始めようとお考えの方は是非ご参考ください。

 

ブログ収益の代表格グーグルアドセンスをはじめとした広告収入

 

私自身が最も重要視しているのが、このグーグルアドセンスの広告収入ですが、恐らく私だけでなく世の兼業ブロガーにとっても、最もメジャーな副業且つ収入源ではないでしょうか?

 

私の場合、この米国株ブログを立ち上げてからまだ2ヶ月弱と日が浅いため、検索からの流入数はまだまだ少ない状況ですが、それでも既に広告収入が発生しています。

 

おまけにブログはストックビジネスでもあり、検索上位に表示されるような良質な記事さえあれば、頻繁に新しいネタで記事を書かなくても永続的にアクセスと広告収入を獲得することができるという、魅力的な特長を備えています。

 

サラリーマンの私が片手間にやっているレベルでは簡単ではありませんが、実際に広告収入だけで生活できるぐらい稼いでいる方もいるぐらいですから、やり方次第では副業としてでなく収益の柱にもできる可能性が高いのではないかと考えています。

 

いずれにしても、全ては記事ネタの質次第だと言えるため、このブログであれば、少しでも米国株に関心を持つ読者に役立つ内容を意識すると共に、グーグルアルゴリズムにも評価されやすい記事を作成すべく努力して行くつもりです。

 

www.usstocks.club

 

米国株関連の知識習得に伴うリターンの向上

 

ブログを書く上ではいろいろな関連情報を使って元ネタについて調べる必要がありますが、そういったプロセスを通じて米国株投資に役に立つ知識が増え、自らの投資においても少なからずプラスの効果を出すことができているように感じます。

 

例えば、銘柄毎のリターン、売買のタイミング、株価や財務に関する指標などの知識を習得することで、少なくともリターンにマイナスの影響を及ぼすような判断をしてしまう可能性を減らすことができます。

 

特に、リターンに直接大きな影響を及ぼす手数料や税金などの、投資に伴うコストの節約手段に関する知識があるのとないのとでは、中長期的なリターンにも明らかな差となって表れてくるはずです。

 

www.usstocks.club

 

ネタ集めをはじめ情報収集の過程ではいろいろなウェブサイトを参照するかと思いますが、特に人気の著名投資家ブログを参考にする際は、逆にリターンの足かせとなるような悪影響を受ける可能性があるため注意が必要でしょう。

 

www.usstocks.club

 

米国株ブロガー同士のオフ会を通じた耳よりな情報の入手


ブログを運営することで、共通の嗜好を持つ人や、普通に生活していては知り合わないような人との交流が生まれますし、そういう人とオフ会などの場を通じて親交を深めることもできるようになります。

 

オフ会とは、ネット上で知り合った人同士がリアルでも交流を持つことで、米国株をはじめとした投資家ブロガーについても、ブログやツイッターなどのSNSてオフ会報告をしている光景を目にすることがあります。

 

私自身はどちらかと言うと社交性がないタイプでもあるため、敢えて自分からオフ会に参加しようとは思いませんが、参加するメリットも多かれ少なかれあるように思います。

 

例えば、顔が見えない状況やブログという公の場では教えたくないような米国株ネタやリターンにつながる有益な情報も、相手が特定されたクローズドな環境であれば教えてくれる可能性が高くなるほか、対面でもあるため教える側も責任感が生まれ、情報にも正確性が増します。

 

入手した情報を全て鵜呑みにするのではなく、上手く取捨選択して収集できれば、大なり小なり自分の投資活動においてもリターンの向上につながる情報源として活用できるのではないでしょうか?

 

無駄な売買の減少に伴う手数料コストの削減

 

これについては、若干風変わりな性格を持つ私ならではのメリットなのかもしれません。

 

米国株に完全移行してからというもの、値動きも緩慢な上、基本的には毎月の追加資金や配当金で買い増すだけの取引が中心でもあるため、ブログタイトルにもあるようにとにかく退屈で仕方ありません。

 

www.usstocks.club

 

また、私自身リターンに悪影響を及ぼす売買癖があるため、あまりに退屈な状況が続いてしまうと、触らなくても良い状態にも関わらず利益確定して銘柄を入れ替えたい衝動に駆られてしまいます。

 

そんな私にとっては、サラリーマンとしての仕事に加え、米国株の取引が始まる帰宅後の時間をブログ記事の作成やネタ探しの作業に充てることで、株価を見たり余分に売買する暇がなくなるというメリットがあります。

 

無意味な売買が減るということは売買手数料も減るということであり、手数料コストが減るということは、詰まるところリターンの増加につながるということになります。

 

www.usstocks.club

 

記事作成時間の確保に伴う余分な出費の節約

 

ブログを始める前までは、意味もなく週に2回程度は同僚や後輩たちと飲みに行く生活を送っていましたが、ブログを始めて以降はほとんど行かなくなりました。

 

軽くでも飲みに行けば大体5千円前後は払うことになるため、月間4万円が飲み代に消えていたということであり、それを止めるということは、年間で考えると48万円の収入アップを実現したのと同じことになります。

 

ちなみに、株式で年間48万円の配当金を稼ぐためには、配当利回りを3%と高めに見積もっても1,200万円も保有する必要があるため、改めてこの米国株ブログの増収効果は大きいと言えましょう。

 

いずれにしても、暇があると飲みに行くなど浪費につながってしまう可能性が高いため、趣味もなく時間を持て余してしまう私には、この米国株ブログは有効な増収兼暇つぶしの手段になっています。

 

最後に

 

中には若干こじつけ感のあるメリットは含まれているものの、個人的にはこの米国株ブログを通じた収入アップ効果を感じることができていますが、皆さんはどのようにお感じでしょうか?

 

敢えてデメリットを挙げるとすれば、ブログに傾注するあまり妻との会話が減り、機嫌を損ねてしまっていることぐらいですが、これも習慣化されてしまえば普通になりますし、息子の独立を見据え、互いに自分の時間の使い方を模索する良い機会だと考えています。

 

米国株への長期投資を実践しており、私のように趣味もなく退屈を持て余してしまっている方は、諸々の収入アップにつなげるべく、ご自身のブログを立ち上げることを是非ともおすすめします。