米国株投資家コタの退屈な毎日

アメリカの連続増配ディフェンシブ株への配当再投資を軸とした長期投資を行うサラリーマンのブログ

リーマンショックで検証!大暴落に強い鉄壁の米国株(アメリカ株)ポートフォリオ

トランプが大統領になって以降、調整らしい調整もなく米国株(アメリカ株)はすこぶる堅調に上昇を続けており、さらに伝説の投資家バフェットも目ぼしい投資先が見つからず現金比率が高まっているという状況もあり、米国株(アメリカ株)のバブル説が囁かれ始めています。

 

確かにダウ平均が上がり続けている状況を見ればそう見えなくもないですが、私のポートフォリオだけを見ている限り全くその兆しは見られません。なぜなら、堅調な相場の時は得てして人気が下がる生活必需品やヘルスケアなどのディフェンシブ銘柄で固められているからです。

 

www.usstocks.club

 

私のポートフォリオを見た方は、キャピタルゲインという株式投資の醍醐味がなく、つまらない銘柄ばかりだと感じるのではないかと思いますが、強力に守りを固めつつ保有株数を増やすことで株式資産を増やすことができる形だと考えているため、自分なりには現時点ではベストな布陣だと考えています。

 

ただ、敢えて弱みがあるとすれば、守りが強いと言いながらも、私自身がこのポートフォリオで大暴落を経験している訳ではないため、果たして本当に強いのか、さらにはどの程度強いのかを把握できていないことです。

 

そこで今日は、鉄壁に近いと自負する私のポートフォリオが、リアルにリーマンショックという大暴落を経験した場合にどの程度強いのか、簡単にリーマンショックをおさらいした上で、実際の株価を用いたS&P500指数連動ETFのIVVとの比較を通じて確認してみたいと思います。

 

リーマンショックとは

 

2008年9月にアメリカの名門投資銀行のリーマン・ブラザーズが経営破綻したことにより、世界的な金融危機の引き金となった出来事のことを言います。

 

2007年のサブプライムローン問題に端を発した米国の住宅バブル崩壊は、2008年の中旬になって広範囲の資産価格の暴落を引き起こし、2008年9月15日特に大きなリスクを負っていたリーマン・ブラザーズが破綻するに至りました。

 

2008年3月にベアー・スターンズの経営危機に際しては政府による救済があったものの、リーマン・ブラザーズが見捨てられたことで市場が狼狽し、世界的な株式相場の大暴落が起こったという経緯です。

 

S&P500指数連動ETF「IVV」のリーマンショック時の暴落率

 

stooq.comの株価データを用いて、2008年1月2日の株価を100とした場合のIVVの7日間隔の株価Indexを、2009年12月30日までの約2年間についてグラフ化してみました。

 

f:id:kootarochin:20171109202709g:plain

 

参考までに、Index63となった第一の下落地点がリーマン・ブラザーズ破綻直後の2008年10月9日ですが、これは10月3日の金融安定化法案可決後に始まった暴落の途中段階にあたり、最終的には2009年3月3日にIndex48と半分以下の水準まで下落することとなりました。

 

IVVとの比較によるマイポートフォリオのディフェンス力を再確認

 

それでは本題の、ディフェンス力に優れているであろう私のポートフォリオ7種について、IVVと比較してみましょう。なお、7種のデータについては、各銘柄に対して均等に投資する形で全体の時価額、さらにはIndexを算出しています。

 

f:id:kootarochin:20171109202646g:plain

 

最初の暴落地点に関しては、IVVの63に対して7種は81とIVVに比べ約半分の下落幅、さらに最も暴落した2009年3月3日に関しても、IVVの48に対して68と大幅に少ない下落率を誇っていることが分かります。

 

一般的に、リーマンショック級の大暴落が発生した際には株価が半分になると口を揃えて言われますし、実際にS&P500指数連動の分散の効いたIVVでさえも半分以下になりましたが、7種に関して言えば3割ほどの下落にしかならなかったということです。

 

以上から考えると、ディフェンス力が売りのポートフォリオではありますが、ことリーマンショック時について言えば、鉄壁と言えるかどうかは別としても、それに相応しい守備力を発揮しているように思いますがいかがでしょうか?

 

ゼネラル・ミルズの驚愕のディフェンス力を再発見

 

ここ最近全く良いところがない、私の主力銘柄兼シーゲル銘柄のゼネラル・ミルズですが、今回リーマンショック時の株価を調べたところ脅威のディフェンス力が発覚したため、合わせてご紹介します。

 

f:id:kootarochin:20171109202627g:plain

 

先ほどのグラフにゼネラル・ミルズを緑色の折れ線で加えましたが、第一の暴落地点では下がるどころか1月2日の株価100を上回っており、最大の暴落地点でも88と本当に大暴落の最中なのかが分からなくなるほど少ない下げ幅です。

 

いつものゼネラル・ミルズとは思えないほど、逞しく頼もしい株価の動きではないでしょうか?

 

何となくイメージでは理解していたつもりですが、今回具体的に調べてみるまで、ここまで高いディフェンス力を持つとは思いませんでした。

 

普段は冴えない印象ではあるものの、ある意味これが食品株の売りであり強さとも言えるため、ポートフォリオの一部に食品株を組み込むことの重要性をしみじみ痛感します。

 

いずれにしても、改めてこの銘柄をポートフォリオに組み込む価値や意義を痛感することができたため、引き続き握力を強めて保有し続けようと思います。

 

www.usstocks.club

 

(参考)7種全銘柄+マクドナルドにおける下落率データ

 

それでは、米国株(アメリカ株)投資家の中では比較的メジャーな銘柄でもありますので、7種の各銘柄についても上記と同じようにグラフ化しましたのでご参考ください。

 

f:id:kootarochin:20171109202607g:plain

 

一般的には暴落に強いとされているコカ・コーラ、プロクター・アンド・ギャンブル、さらにはジョンソン・アンド・ジョンソンですが、それらの代表的なディフェンシブ銘柄と比べても、ゼネラル・ミルズが頭一つ抜け出す強さを見せています。

 

しつこいようですが、こうなってしまうとゼネラル・ミルズの強さしか目に入りませんね。

 

なお、こちらもリーマンショック時に強かったことで有名なマクドナルドに関しても、個人的な知的好奇心から調べてみましたが、第一の暴落地点が90、最大の暴落地点ではゼネラル・ミルズ同様に88という素晴らしい成績であったことを参考までにお伝えしておきます。

 

最後に

 

改めてリーマンショックを題材にして、今後再び大暴落が来た際の心の準備も兼ねて、私のポートフォリオのディフェンス力を再確認してみましたが、皆さんのポートフォリオはどのような動きになりそうですか?

 

心の準備だけでなく、100年に1度と言われるリーマンショックを題材にして、自分のポートフォリオのリアルな下落幅を確認し、今の形で精神的に耐え得るのか、それとも銘柄を入れ替える必要があるのかを、早い段階で一度ご検討いただければと思います。

 

その結果、守りを強化する必要性が発覚した方は、タイミング良く軒並み株価が長らく低迷中の、ゼネラル・ミルズをはじめとした食品株又はマクドナルドを部分的にでも追加することを是非お薦めします。