米国株投資家コタの退屈な毎日

アメリカの連続増配ディフェンシブ株への配当再投資を軸とした長期投資を行うサラリーマンのブログ

配当再投資戦略の具体的な方法とは!ポイントは銘柄選びと暴落時の再投資

長期投資家のバイブル「株式投資の未来」の著者、ジェレミー・シーゲル氏の影響からか、配当再投資を軸とした長期投資を実践する米国株(アメリカ株)投資家が増えてきているように感じますがいかがでしょうか?

 

この投資スタイルは、売り時や買い時が難しい株式投資において、基本的に定期的に買い増すのみで売ることがないため一見簡単なように見えますが、実際にこの戦略で大きく成功しようと思うとそれほど単純ではありません。

 

そこで今日は、配当再投資の基本的な仕組み、さらには米国株(アメリカ株)への配当再投資を通じてより高いパフォーマンスを実現する具体的な方法について、改めてご紹介してみたいと思います。

 

配当再投資戦略とは

 

配当再投資戦略とは、保有株式から支払われる配当金を、保有銘柄もしくはその他の新規銘柄への投資の一部又は全部に使い、配当金を生む保有株式を積み増すことで、複利的に保有資産の増大を図る戦略です。

 

したがってこの戦略の下では、支払われた配当金で、次の配当を生む株式をいかに多く買い増せるか、という部分が最も重要な課題になります。

 

その意味では、保有株式からの配当金は多く、買い増す株式は安いという形を作ることが、再投資のパフォーマンスを向上させ、配当再投資の効果を最大化する近道だと言えます。

 

配当再投資に適した投資対象の特長と注意点

 

それでは配当再投資に適した投資対象とは、どのような特長を持つ銘柄群しょうか?

 

先ほど触れた通り、再投資する軍資金としての配当金は多く、且つ買い増し時もコストに対する配当パフォーマンスが高いことが重要だということは、詰まるところ配当利回りの高い銘柄ということになります。

 

ここで注意喚起のために、高配当ランキングトップ20をご紹介してみます。

 

《 要注意!配当利回りランキングトップ20 》

 

f:id:kootarochin:20171024202141g:plain

※Dividend.comサイトより

 

ご覧のように、聞いたこともないような怪しげな超高配当銘柄が多数並んでおり、配当利回りだけを見ると魅力的に映りますが、くれぐれも現在の利回りだけを基準に銘柄選びをしないようにご注意下さい。

 

なぜなら、配当再投資が複利効果で活きてくるのは数十年単位の長期の場合であるため、現在の配当利回りが今後数十年継続するか否か、という点も考慮する必要があるためです。

 

配当利回りが悪化した時点で売却し、他の高配当銘柄に乗り換える方法もありますが、仮に減配もしくは無配となった場合、株価が大幅に下落することが予想されるため、次の銘柄を購入するための売却代金を減らすリスクを負うことになります。

 

また、乗り換えが増えれば増えるほど、売買手数料が余分に発生してしまうことを考えると、途中で乗り換えることを前提とした投資はあまり推奨できる方法とは言えません。

 

www.usstocks.club

 

常に配当利回りが高い状態を維持する可能性が高く、しかも数十年単位という長いスパンで安定的に配当金を払い続けることができる銘柄を選ぶことが、配当再投資をより効果的に進める秘訣だということです。

 

配当再投資に適した米国株(アメリカ株)銘柄の具体例

 

上記の特長を持つ配当再投資に適した銘柄として個人的に最適だと考えているのが、生活必需品やヘルスケアセクターに属する連続増配で有名な米国高配当銘柄群です。

 

もちろん、私の米国株(アメリカ株)ポートフォリオもこの考えに基づき、ほぼ上記2セクターに属する銘柄で構成しています。

 

www.usstocks.club

 

これらの銘柄群は、人間が生きていく上で不可欠な商材を扱っているため、景気の波に左右されづらく長く安定した業績が期待できる他、設備投資も少なく利益率も高く維持できており、配当金の原資であるフリーキャッシュも潤沢です。

 

また、目新しさもなく、企業自体の規模も大きく今後の成長があまり期待できないと一般的には考えられているため、株価自体が無用に割高になる可能性も低いです。

 

さらに、連続増配銘柄であれば、保有している期間が長ければ長いほど増配し、配当再投資の効果を加速させることが期待できるため、以上を総合的に考えれば、この上なく相性が良い銘柄群だと言えましょう。

 

参考までに、生活必需品とヘルスケアセクターも含め、連続増配年数25年以上「配当貴族」銘柄の配当利回りランキング上位50銘柄を以下にご紹介いたしますので、配当再投資に適した銘柄群の例としてご参考ください。

 

〔1位-25位〕※赤文字は保有銘柄

f:id:kootarochin:20171028091716g:plain

 
〔26位-50位〕 

f:id:kootarochin:20171028091912g:plain

 

暴落時の再投資がパフォーマンスを左右する重要な要素

 

銘柄選びと並び、配当再投資で成功するために重要な要素が、株価暴落時や下げ相場における再投資の有無です。

 

平常時の再投資に関してはタイミングをはかる必要はなく、配当金が手数料負けしない程度に積み上がった段階で定期的に実行すれば事足りますが、配当再投資の明暗を分ける重要な要素が株価が下落した際の立ち回りです。

 

冒頭で書いた通り、配当再投資の効果を最大化する上では、限られた配当金でいかに多くの株式を買い増せるかが重要であるため、配当利回りが高まる、つまり株価が下がるタイミングが重要な買い増し時だからです。

 

ただ実際は、暴落などの下げ相場が訪れ、含み損だらけの保有株を目の当たりにしてしまった途端に、恐怖に負けて買い増し自体を躊躇する投資家が多いのではないかと思いますがいかがでしょうか?

 

気持ちは分かるものの、そこで躊躇してしまっては最もパフォーマンスに対してプラスに作用する美味しい部分を買いそびれることになるため、この戦略で大きく成功することが難しくなってしまいます。

 

シーゲル氏の著書「株式投資の未来」の中で、1957年から2003年の46年間における最高リターン銘柄としてフィリップ・モリス(アルトリア・グループ)が紹介されていますが、これに関しても、度重なるたばこ訴訟を中心とした悪材料で、大きく株価が低迷した期間における配当再投資が功を奏した結果だと言えます。

 

つまり、市場全体か個別銘柄かを問わず、株価の大暴落が訪れた際に再投資を止めることなく継続できるか否かが、配当再投資戦略における成功の可能性を大きく左右するポイントだと言えましょう。

 

まとめ

 

以上、配当再投資の基本的な仕組み、さらには具体的な実践方法について、私なりの考え方をご紹介してみましたがいかがでしたか?

 

もちろん株式投資は、スタイルもリターンを得る手段も一つではなく、そもそも最終的に何が正解なのかも明確でない世界であることはご承知の通りです。

 

ただ、少なくとも米国株(アメリカ株)に対する配当再投資で財を成そうと考えるのであれば、多かれ少なかれ、今日ご紹介したような銘柄選びや進め方に従って実践する形が、ベターだと言えるのではないかと思いますがいかがでしょうか?

 

是非この機会に、私の考え方も参考にしていただきながら、ご自身の配当再投資戦略の中身についてご確認いただくことをお薦めします。