米国株投資家コタの退屈な毎日

アメリカの連続増配ディフェンシブ株への配当再投資を軸とした長期投資を行うサラリーマンのブログ

スイッチングの積極活用!確定拠出年金で資産を増やす必須機能

老後に向けた長期的な資産形成の代表格でもある、確定拠出年金に関する話題です。

 

iDeCo(イデコ)関連の広告や啓蒙活動の効果からか、これまでは企業型に限られていた利用者層の裾野が広がり、確定拠出年金を利用者自体も徐々に増えてきているように思います。

 

ただその一方で、私自身もそうだったように、会社で薦められたり、周りに乗せられて何となく始めたという方も多く、中には、始めて以降放置状態で資産がどうなっているのかも分からない方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今日は、確定拠出年金制度を活用しきれていない方向けに、確定拠出年金の必須機能とも言える「スイッチング」について、その必要性や活用方法を非課税メリットの享受という観点から、改めてご紹介したいと思います。

 

確定拠出年金におけるスイッチングとは

 

スイッチングとは、既に保有している運用商品について、予め用意されている同じ確定拠出年金用の商品ラインナップの範囲内で、他の商品に変更、つまり売却及び購入を同時に行う手続きを指す用語です。

 

混同されやすいものに配分変更というものがありますが、これはあくまでも毎月新規投資をする商品の配分を変更する手続きを指す用語になります。

 

スイッチングによる非課税メリットの享受

 

本来スイッチングは、ポートフォリオ内の商品構成比のリバランスを目的とした機能だと言えますが、敢えて今日はシンプルに利益確定による非課税メリットの享受という観点のみでお話します。

 

例えば、現在保有しているリスク型商品に含み益が発生している場合に、その全部又は一部を利益確定することで非課税メリットを手に入れ、待機資金として定期預金型の商品などにスイッチングするというものです。

 

ご承知の通り、確定拠出年金の最大のメリットは、売却益に対する税金の20.315%が非課税になるという点にあり、当然ながらスイッチングで確定した利益に関しても課税されることはなく、回数制限もありません。

 

もちろん、利益確定せずに含み益のまま保有を続けても問題はありませんが、下げ相場が訪れて含み益がなくなる可能性は常にある他、仮に含み益がいくらあっても利益を確定させなければ非課税メリットも享受することはできません。

 

また、含み損状態にある商品をスイッチングして損失を被ったとしても、当然ながら特定口座における売却損と違い、損益通算をすることもできません。

 

以上を踏まえると、継続的にリスク商品への投資を継続するとしても、ある程度利益が乗った時点で利確し、下げ相場が訪れて下がった時点で再度投資する、というやり方が最もメリットを享受できる形だと言えましょう。

 

スイッチングを行う上での注意点

 

スイッチングを行う上で注意すべきは、売却するにあたり手数料が発生する可能性があるという点です。

 

購入時の手数料に関しては現状ほぼ発生することはないかと思いますが、商品によって売却する際に信託財産留保額という手数料が0.1%前後発生することがあります。

 

ファンドを解約するということは、投資信託会社は現金化のために保有している株式や債券を売却するということであり、そのままではそれに伴い投資信託会社が支払うことになる諸々の費用を残された投資家が負担することになるため、その不公平を解消するための手数料がこの信託財産留保額です。

 

最近はこの手数料が発生しない商品も増えていますし、手数料額としてもそれほど多くはないため大きな問題にはならないかと思いますが、スイッチングをする際は念のためコンディションをご確認ください。

 

具体的なスイッチングの事例紹介

 

以下は私が会社を通じて行っている企業型確定拠出年金の口座状況ですが、昨年末からのトランプ相場とも言える、米国をはじめとした好調な株式相場、さらには直近のドル高の影響もあり、「DCダイワ外国株式インデックスファンド」が1.3倍程度まで膨らんでいます。

 

www.usstocks.club

 

例えば、仮に利確目的でこの商品全てをスイッチングした場合約69万円の売却益が発生しますが、特定口座であれば課税される14万円弱の税金がこの口座では非課税になるため、69万円全額を利益として受け取ることが可能です。

 

f:id:kootarochin:20171028140355g:plain

f:id:kootarochin:20171028140412g:plain

 

何となく年末ぐらいまでは株価もドルも堅調に推移し、含み益ももう少し増えそうな気がするため迷っていましたが、最終的には約半分を売却し、定期預金型の「フリーポケット」にスイッチングすることに決めました。

 

もちろん、このまま順調に推移した場合には機会損失になりますが、そもそも上がる保証はどこにもないほか、北朝鮮との関係もいつどうなるか分からないため、一旦部分的にでも利確しておくのが妥当であろうという考えです。

 

最後に

 

以上、本来的には偏った観点からの説明ではありますが、非課税メリットの享受という観点に絞った形で確定拠出年金におけるスイッチング機能をご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

確定拠出年金自体は数十年レベルの長期運用でもあるため、株式に投資する商品であれば、利益確定せずに運用を続けることで複利効果も働き資産を大きく増やせる可能性は十分ありますが、部分的にでもスイッチングを取り入れることで、さらに増やせる可能性が高められるように思います。

 

特に昨今の、世界的に好調な株式相場や米国の利上げによりドル高が進んでいる状況から考えると、リスク商品を保有している方の中には、多かれ少なかれ私のように含み益が出ている方も多いのではないかと思います。

 

確定拠出年金を始めてはみたものの、何らかの理由で放置してしまっている方は、是非この機会に口座状況を確認し、仮に一定以上の含み益が発生している場合には、スイッチングを活用して一先ず非課税メリットを享受されてみてはいかがでしょうか?