ポートフォリオ

リバランスは個別株においてもリターンの向上を実現する効果的な手段なのか?

個別株における銘柄間のリバランス効果に関する話題です。個別株ポートフォリオを長期的にバイ・アンド・ホールドしている皆さんは、普段リバランスをどの程度活用されていますか? リバランスと言うと、株式と債券、もしくは無リスク資産とリスク資産など、…

ポートフォリオ構築上考慮すべき高いシナジー効果を生む銘柄の組合せとは?

個別株ポートフォリオを組む上でも重要になる、米国株銘柄の組み合わせに関する話題です。複数銘柄保有が分散効果につながることはご承知の通りですが、その組み合わせがシナジー効果(相乗効果)を生むか否かという点については、どの程度加味しているでし…

配当再投資をしなければ高配当ディフェンシブポートフォリオの旨味はないのか?

配当再投資の効果を除いた場合における、連続増配を続ける高配当ディフェンシブ株の株価の成長性に関する話題です。 高配当ディフェンシブ株と言えば、一般的には株価の成長は期待できない反面、配当再投資に適した銘柄群であり、長期的な配当再投資を通じて…

高配当ディフェンシブ株ポートフォリオはバークシャー・ハサウェイに勝てないのか?

バークシャー・ハサウェイ(BRK)に勝てる高配当ディフェンシブ株ポートフォリオについての話題です。配当再投資戦略を志す投資家の方にとって、モチベーションアップにつながる内容になれば幸いです。 バークシャー・ハサウェイは、伝説の投資家ウォーレン…

シーゲル派に人気のセクターETFよりパフォーマンスが高いのは上位10銘柄均等投資か?

代表的な人気セクターETF以上の高パフォーマンスを実現する投資対象に関する話題です。人気のセクターETFとは、シーゲル派の投資家を中心として人気の高い、バンガード社のVDC(生活必需品セクター)とVHT(ヘルスケアセクター)の2本です。 ジェレミー・シ…

株式派の投資家におけるバンガード「米国トータル債券市場ETF(BND)」の3つの活用法

米国債に投資するバンガード社の代表的なETF「米国トータル債券市場ETF(BND)」の活用法についての話題です。 ここ数日は若干円高に振れているものの、ダウ平均をはじめとして株価が高値更新を続けていることもあり、私も含めた米国株(アメリカ株)投資家…

リスク許容度観点から考える最高のリターンを生み出すポートフォリオ論

個人投資家にとっての永遠のテーマでもある、最高のリターンを生むポートフォリオ論について、改めて最も大切な約束事であるにも関わらず、欲に目が眩んで意外に忘れられがちな基本中の基本を振り返ってみます。 普段参考にさせていただいている米国株(アメ…

メルク(MRK)の銘柄分析!シーゲル銘柄としての顔を持つ株主還元に積極的な優良銘柄

米国ヘルスケアセクターを代表する、シーゲル銘柄メルク(MRK)に関する銘柄分析です。ヘルスケアセクターの中では、ジョンソン・アンド・ジョンソンやファイザーと並ぶ比較的オーソドックスな銘柄だと言えましょう。 ここ最近株価が大きく下落するという、…

マコーミック(MKC)に新規投資!米国株ポートフォリオをマイナーチェンジ

マコーミック(MKC)への新規投資に伴う、米国株(アメリカ株)ポートフォリオのマイナーチェンジに関する話題です。 本業の競争激化およびハリケーンの影響から決算が悪化したAT&Tの株価が、ここ最近大きく下げており、以下は直近5年間のAT&Tの株価チャート…

銘柄分散に必要な最低銘柄数とは!配当再投資戦略に特化したポートフォリオの形

配当再投資戦略における、ポートフォリオ内の銘柄分散に関する話題です。一般的には難しい理屈が語られやすいテーマですが、できる限りシンプルに考えてみます。 私は現在、米国株式(アメリカ株式)を対象とした配当再投資戦略を採用しており、ポートフォリ…

配当再投資戦略の具体的な方法とは!ポイントは銘柄選びと暴落時の再投資

配当再投資戦略の具体的な方法論に関する話題です。 長期投資家のバイブル「株式投資の未来」の著者、ジェレミー・シーゲル氏の影響からか、配当再投資を軸とした長期投資を実践する米国株(アメリカ株)投資家が増えてきているように感じますがいかがでしょ…

連続増配(15年以上)している銘柄群から配当利回り別に投資先候補をスクリーニング

投資先の選別方法の一つとしておすすめの、連続増配年数と配当利回りによるスクリーニングに関する話題です。 基本的に私は配当再投資を軸とした米国株(アメリカ株)への長期投資を行っているため、投資先に関しても連続増配が期待できる銘柄を中心に投資し…

リーマンショックで検証!大暴落に強い鉄壁の米国株(アメリカ株)ポートフォリオ

リーマンショックをはじめとした大暴落時における、ポートフォリオの耐性確認の必要性に関する話題です。正直なところ、できればあまり想像したくないことではありますが、ポートフォリオを組む上では避けて通れない課題だと言えましょう。 トランプが大統領…

確定拠出年金は税金面でメリットの大きいお得な制度

最近で iDeCo が話題になっていますが、今日は改めて確定拠出年金のメリットについての話題です。 ブログでは、主に米国株式への長期投資に関する記事を書いていますが、私も10年以上前から会社を通じて確定拠出年金の積立を行なっています。 投資対象は、大…

米国株(アメリカ株)ディフェンシブポートフォリオのご紹介

2018年8月2日時点における、最新の米国株(アメリカ株)ポートフォリオに関する話題です。 これまで、日本株でも米国株でもいろいろと紆余曲折し、時には損失もある程度出しながらも、ようやく長期保有に耐え得る理想的な米国株(アメリカ株)ディフェンシブ…

米国FDAに揺れるアルトリアグループを大胆に買い増しタバコ銘柄を一本化

アルトリアグループへの投資判断に関する話題です。 基本的に私は配当再投資を軸とした長期投資を実践しているため、頻繁に銘柄の入れ替えを行うことはありませんが、この度タバコ銘柄を中心にポートフォリオの構成が大きく変わるような売買を行いました。 …