疑問に思うこと

ニューヨークダウとは?その正体を具体例を使って分かりやすく解説してみる

世界で最もメジャーな株価指数とも言えるニューヨークダウ(Dow Jones Industrial Average)に関する話題です。米国株投資家でなくても、おそらくニュースなどで名前ぐらいは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? 今年6月、長年ニューヨークダウ…

米国会社四季報を購入する必要性を感じない3つの理由

米国株投資家であれば、知らない人はいないほどメジャーな情報源でもある米国会社四季報に関する書評的な話題です。このブログをご覧になっている方であれば、恐らく一度は購入されたことがあるのではないでしょうか? 私自身も過去購入した経験がありますが…

リバランスは個別株においてもリターンの向上を実現する効果的な手段なのか?

個別株における銘柄間のリバランス効果に関する話題です。個別株ポートフォリオを長期的にバイ・アンド・ホールドしている皆さんは、普段リバランスをどの程度活用されていますか? リバランスと言うと、株式と債券、もしくは無リスク資産とリスク資産など、…

セオリー通りの株式投資はリターンの最大化につながるのか?

セオリー通りの株式投資におけるリターンの可能性に関する話題です。これだけを読むと難しそうに見えますがそうではなく、特に投資初心者が見落としがちな側面についてのご紹介です。 米国株をはじめとした投資関連のブログを見ていると、とても熱心に株式投…

投資の世界において「機会損失」は現実的に発生し得るのか?

投資の世界における機会損失に関する話題です。機会損失は通常のビジネスで使われる場面が多いように思いますが、今日は取り分け投資活動において使われるケースにスポットを当てて考えます。 機会損失という言葉は、本ブログのメインテーマでもある株式投資…

プライベートブランド(PB)は生活必需品セクター銘柄にとってどの程度脅威なのか?

世界の小売業者が力を入れるプライベートブランド(PB商品)の普及による、代表的な生活必需品ナショナルブランド(NB商品)に対する影響力に関する話題です。自身も投資している主力銘柄群でもあるため、非常に興味深いテーマです。 昨今アマゾン・ドットコ…

バンガードの生活必需品セクターETF「VDC」を構成する全98銘柄を知るということ

シーゲル派の投資家に人気の高い、バンガード生活必需品セクターETF「VDC」の組み入れ銘柄に関する話題です。最初に言いますが、いつも以上に限定された方にしか興味が湧かない内容ですが悪しからず。 実はこの度、ポートフォリオの10%強程度「VDC」に投資す…

シーゲル派に人気のセクターETFよりパフォーマンスが高いのは上位10銘柄均等投資か?

代表的な人気セクターETF以上の高パフォーマンスを実現する投資対象に関する話題です。人気のセクターETFとは、シーゲル派の投資家を中心として人気の高い、バンガード社のVDC(生活必需品セクター)とVHT(ヘルスケアセクター)の2本です。 ジェレミー・シ…

参入障壁と米国のポテンシャルに強みを持つたばこ銘柄「アルトリア・グループ」とは

シーゲル氏の著書「株式投資の未来」をバイブルと仰ぐ米国株投資家の大半が投資していると言っても過言ではないほど人気の米国たばこ銘柄、アルトリア・グループに関する話題です。 アルトリア・グループは、2008年にフィリップ・モリスを分社化した源流企業…

カストック(Kastock)をはじめ貸株サービスが金利収入の割にリスクが大き過ぎる理由

カストック(Kastock)をはじめとした貸株サービスに関する話題です。カストックに関してはまだ歴史が浅いため、利用経験のある方はそれほど多くないかもしれませんが、日本株向けの貸株サービスを利用されたことがある方は、それなりに多いのではないでしょ…

非課税メリットを受けづらいNISAは長期投資家にとって本当に必要なのか?

先日NISAの継続利用の条件としてマイナンバーの申告を求められていましたが、最終的に申告せず、NISAの利用をこのタイミングで中止する決断をしました。 なぜ敢えて自分から中止するのか、疑問を抱かれる方もいるかもしれませんが、このまま持っていても今後…