配当再投資をしなければ高配当ディフェンシブポートフォリオの旨味はないのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

配当再投資の効果を除いた場合における、連続増配を続ける高配当ディフェンシブ株の株価の成長性に関する話題です。

 

高配当ディフェンシブ株と言えば、一般的には株価の成長は期待できない反面、配当再投資に適した銘柄群であり、長期的な配当再投資を通じて資産の成長を図るのに適した投資対象だと言えましょう。

 

過去記事をご覧いただくとお分かりの通り、実際に私自身のポートフォリオも、胸焼けするぐらいほぼ全てが米国を代表する高配当ディフェンシブ銘柄で構成されており、まさにセオリー通り配当再投資を粛々と実践しています。

 

しかしながら、実は高配当ディフェンシブ株の投資魅力はそれだけではありません。確かに、高配当を再投資することで旨味が増す投資対象であることは確かであるものの、仮に配当金を再投資しなかったとしても、十分優秀なパフォーマンスを叩き出す強者です。

 

そこで今日は、米国株投資家なら誰もが知っており、実際にホルダーも多いと考えられる米国を代表する高配当ディフェンシブ銘柄を集めたポートフォリオを例に、配当再投資をしない場合におけるポテンシャルについてご紹介してみようと思います。

 

高配当ディフェンシブ株ポートフォリオのご紹介

 

まずは今回題材とするポートフォリオについて簡単にご紹介します。今回は、米国株投資家にとって馴染み深い、以下の代表的なディフェンシブ株5銘柄に20%ずつ均等配分した、胸やけするようなポートフォリオを例としてチョイスしています。

 

①アルトリア・グループ

②コカ・コーラ

③プロクター・アンド・ギャンブル

④ジョンソン・エンド・ジョンソン

⑤エクソン・モービル

 

冒頭でも触れましたが、いずれも成熟したマーケットでビジネスを展開する伝統的な超大型株であり、マーケットも収益も成長力という意味では期待しづらいため、一般的には株価の成長を期待することが難しい投資対象だと考えられています。

 

仮にそれが事実であるならば、上記銘柄の強みでもある、支払われた配当金を使った買い増しにより持株数を増やす、所謂配当再投資を行わなければ、保有株式資産を増やすことが難しい銘柄群だということになるため、早速それが事実か否かを検証してみましょう。

 

配当再投資を行わない場合のリターン実績比較(対SPY)

 

以下にご紹介するグラフは、直近20年間における前述のポートフォリオ5種と、世界のアクティブ投資家がパフォーマンス面でのベンチマークとしていることで知られる、S&P500指数に連動するETFのSPYの双方に関する配当再投資を行わない設定でのバックテスト結果です。

 

f:id:kootarochin:20180407143608g:plain

※portfoliovisualizer.comにて作成

 

ご覧の通り、直近20年間というスパンにおいては、僅差ではあるものの、SPYを上回るリターンを叩き出すことができていることがお分かりいただけるかと思います。もう一度言いますが、配当金を再投資しない設定での結果です。

 

f:id:kootarochin:20180407144303g:plain

※portfoliovisualizer.comより抜粋引用

 

それでは、上の表を基にその他の指標についても確認してみましょう。5種について言えば、リターンの上振れ幅は小さいものの、マックスドローダウンやシャープレシオからもお分かりの通り、リターン効率の高さ故に、SPYを上回るパフォーマンスを実現できているポートフォリオだと言えそうです。

 

世界のアクティブファンドの大半が負けると言われている、S&P500指数のリターンをより低いリスクで上回っていることから考えると、仮に配当再投資要素を除いたとしても、高配当ディフェンシブ銘柄で構成された本ポートフォリオは十分旨味のある投資対象だと言えるのではないでしょうか?

 

参考)配当再投資バージョンにおける実績比較

 

それでは参考までに、ポートフォリオ5種の本領が発揮されるはずの配当再投資バージョンについても、念のためこの場を借りてご紹介しておこうと思います。以下は先ほどと同じ設定で作成したグラフではあるものの、配当金再投資の部分のみをオンに変えたものです。

 

f:id:kootarochin:20180407150013g:plain

※portfoliovisualizer.comにて作成

 

当然ながら、配当を再投資しなくてもSPYに勝るパフォーマンスは、再投資することでさらに差が広がることになります。特にポートフォリオ5種は、SPYに比べて高配当であるため、基本的には再投資の効果も、時を経る毎に増大しています。

 

f:id:kootarochin:20180407150521g:plain

※portfoliovisualizer.comより抜粋引用

 

実際に上の表で、年率リターンを示すCAGRを見てみると、配当金を再投資しない場合に比べて5種ポートフォリオが約1.8倍に改善しているのに対し、SPYの改善率は約1.4倍にとどまることから、配当格差がリターンに及ぼす影響力についても改めて確認することができます。

 

前述の通り、配当再投資をしない場合でも十分なリターンが得られるポートフォリオではあるものの、本結果を通じて高配当ポートフォリオにおける再投資のインパクトの大きさを改めて痛感された方も多いのではないでしょうか?

 

最後に

 

以上、高配当ディフェンシブ株の配当再投資要素を除いた場合の株価成長力について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか?これまで何となく常識だと思っていたことも、こうして改めて確認してみると、必ずしも事実とは言い切れないことがお分かりいただけるかと思います。

 

ただ、今回の結果を参考にする上で注意すべきは、今回例示したポートフォリオを構成する銘柄群が、単なる高配当ディフェンシブ株ではなく、いずれも高配当ディフェンシブ株でありながらも同時に配当貴族や配当王といった、世界屈指の連続増配銘柄だという点です。

 

というのも、当然ながら配当金が増え続けるということは配当利回りが上昇し続けるということであり、配当利回りが高ければそれだけ配当狙いの投資家にとっての投資魅力が増すことになるため、結果的には株価上昇圧力が働き易くなるからです。

 

いずれにしても、配当再投資を行うことで飛躍的に旨味が増す投資対象ではあるものの、仮に再投資しない場合でもS&P500指数を上回る株価成長が期待できる、連続増配を続ける高配当ディフェンシブ株について、改めてこの機会に検討されてみることを是非ともおすすめします。

 

www.usstocks.club

 

www.usstocks.club

  

www.usstocks.club

 

www.usstocks.club