加熱式タバコのグローが展開する期間限定「リサイクルキャンペーン」とは

スポンサーリンク

スポンサーリンク

加熱式タバコのグロー(glo)が、期間限定で実施している「リサイクルキャンペーン」に関する話題です。昨年から今年にかけて第1弾を実施しましたが、今回はその第2弾です。

 

日本の加熱式タバコ市場は、先行者メリットを享受したフィリップ・モリスのアイコス、国内ブランドの強みを持つJTのプルーム・テック、そしてグローの3社が熾烈な競争を繰り広げており、現在のところグローは3番手と、形だけで言えば若干出遅れていると言えます。

 

そういった状況を打破すべく、グローは前回に続く今回の「リサイクルキャンペーン」第2弾を通じて、他社のシェアを奪い、2番手、さらにはトップに躍り出ることを目論んでいるはずですが、はたして思惑通りシェアアップを実現することができるのでしょうか?

 

そこで今日は、今後の動向から目を話せないグローが展開する「リサイクルキャンペーン」について改めてご紹介してみたいと思いますので、キャンペーンの存在を知らない加熱式タバコユーザーの方はもちろん、タバコ株への投資を検討している投資家の方も是非ご参考ください。

 

グローが展開する「リサイクルキャンペーン」とは

 

グローが展開する「リサイクルキャンペーン」とは、使い古した手持ちの加熱式タバコ又は電子タバコ機器をリサイクルに出すことを前提に、980円という低価格で新品のグロー本体を購入することができるという、2019年5月13日から2019年12月31日までの期間限定キャンペーンです。

 

ポイントは、リサイクルに出すことができる加熱式タバコならびに電子タバコ機器の中に、グローはもちろん、アイコスやプルーム・テックなどの他社製品も含まれている点にあると言えましょう。というのも、冒頭でも触れた通り、グローは他社からの切り替えが狙いだからです。

 

いずれにしても、他社製品ユーザーにとって、980円でグローに切り替えることができる点は魅力ですし、現グローユーザーにとっても、980円で新しい機器に交換できるというメリットにもなり、囲い込み効果も期待できるため、一石二鳥のキャンペーンだと言えましょう。

 

一部では980円という価格設定が無謀との評価もありますが、加熱式タバコビジネスの肝は機器本体ではなく、あくまでもその後のネオスティック販売にあるため、継続的なネオスティック購入者が増えるのであれば、980円であろうと無料であろうと機器本体の価格は問題にはならないと思っています。

 

リサイクルキャンペーンを利用した具体的な購入方法

 

それでは早速本題でもある、キャンペーンを利用したリサイクル購入の具体的な方法に関する説明です。と言ってもそれほど難しい手続きは必要なく、以下の通りオンラインストアでも、グローストアやグロースポットなどの店舗でも簡単に購入することができます。

 

オンラインストア経由の場合

 

オンラインストアの場合には、グローの公式ウェブサイトにて、代引きもしくはクレジットカード決済のいずれかの決済方法でキャンペーン商品を980円で購入し、自宅に購入品が届いた後に、手持ちのリサイクルする機器を返送するというよくある流れです。

 

実は私自身も前回のキャンペーン時に、ほとんど使っていなかったアイコスをリサイクルに出し、予備のグローを入手しようとオンラインストアを訪問してみましたが、送料が予想以上(基本560円/沖縄のみ1,150円)に発生することが分かったため、一旦見送ることにしました。

  

グローストアやスポット経由の場合

 

続いて、グローストアやグロースポットなどの店舗で購入する場合の方法です。特に難しい手続きは不要で、キャンペーン対象の店舗にリサイクルに出す手持ちの機器を直接持参した上で、その受け渡しと同時にキャンペーン商品を980円で購入するという流れです。

 

ご注意いただきたい点は、すべてのグローストアやグロースポットでキャンペーン販売を実施している訳ではないということです。お近くのグローストアやスポットを知りたい方は、公式ウェブサイトにてご確認ください。

 

先ほど少し触れた通り、オンラインストア経由の購入の場合には、地域次第で安くない送料がかかってしまい、キャンペーン価格のメリットが減ってしまうため、店舗が通勤途中やご自宅近くにある方については、できる限り店舗経由での購入をおすすめします。

 

最後に

 

以上、グローが展開する「リサイクルキャンペーン」についてご紹介してみました。第2弾を実施するということは、前回も成功を収めたのではないかと思いますし、今回も他社からの切り替えを促進するという意味で、一定の成果を収められるのではないかと思っています。

 

この「リサイクルキャンペーン」に限らず、機器やネオスティックなどの商品や価格戦略も含めた全体的なマーケティング戦略については、グローが最も賢い展開をしているように感じるため、最終的にはグローがトップシェアを奪取する日が来るような気がしてなりません。

 

いずれにしても、期間限定でもありますし、場合によっては早く終了することもあり得るため、アイコスやプルーム・テックの使い勝手やフレーバーに満足できない加熱式タバコユーザーの方は、この機会に「リサイクルキャンペーン」を利用してグローに切り替えてみてはいかがでしょうか?

 

www.usstocks.club


www.usstocks.club